堀江有里『レズビアン・アイデンティティーズ』書評会

『レズビアン・アイデンティティーズ』が日本のセクシュアリティ研究/レズビアン研究における重要な著作であることは間違いないと思われます。

 

同時に、本書は単に既存の主要学術領域のどれか一つには当てはまらないかたちで「レズビアン・アイデンティティー(ズ)」を扱っているのみならず、研究者/アクティビスト/一般読者の境界を越えて語りかけることを意図されたものでもあります。そのためもあって、ここに集められた思考を学術的に位置付け評価することはそう容易ではありません。

 

今回の書評会では、隣接他領域の方々にそれぞれのご専門からのコメントをいただき、ディスカッションを通じて議論を深めていきたいと思います。

 

日時:2月21日(日)13:30-17:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム3
評者:北田 暁大氏(東京大学大学院情報学環・学際情報学府 教授、社会学)
   吉澤弥生氏(共立女子大学文芸学部 准教授、芸術社会学・文化研究)
   井芹真紀子氏東京大学大学院総合文化研究科 博士後期課程、クィア理論・障害学)
応答:堀江有里氏(立命館大学ほか 講師、レズビアンスタディーズ・社会学・クィア神学)
司会:清水晶子(東京大学大学院総合文化研究科 准教授)

 

堀江本書評会
0

「クィア・リーディング連続公開研究会」第八回

「クィア・リーディング連続公開研究会」第8回を開催します。今回はアメリカ文学です。どうぞ足をお運びください。

2015年6月28日(日)14:30~17:30
中央大学 駿河台記念館 580号室
報告者:坂本美枝
タイトル:女性作家による「南部美人/南部淑女」の継承と創造

概要:本報告では、アメリカ南部女性作家キャサリン・アン・ポーター(1890-1980)の短編小説を取り上げ、アメリカ南北戦争後に喧伝されるようになったいわゆる「旧南部的」女性性の継承や創造について考察します。決して戦前の支配階級的生活を体験したことのない、それでいて後年は自ら「南部淑女」を体現しつづけたポーターが、家父長的なジェンダー規範をどのように描き、あるいは創り上げたのか、1930年代に書かれた「自伝的」短編2作を読みながら議論したいと思います。

参照テクスト:Katherine Anne Porter, “The Circus” and “The Grave”(The Leaning Tower and Other Stories, 1944所収)

☆ 出来るだけ事前に読んでから参加してください。コピーが必要な方は事前にお知らせください。

主催: 中央大学人文科学研究所「性と文化」研究チーム

☆「性と文化」研究チームは、2007年に発足以来、ジェンダー/セクシュアリティ論やクィア理論について、文学研究・表象分析の領域で研究活動を続けています。2013年3月には、研究成果をまとめた論集『愛の技法―クィア・リーディングとは何か』(中央大学出版部)を出版しました。2013年秋より、関心を共有する研究者(大学院生含む)を対象に、具体的なテクストを取り上げて「読みの実践」を検討する連続研究会を開催しています。参加者には事前にコア・テクストをお知らせし、当日報告者が紹介する読解に対して自由に意見を出し合い議論できる、ワークショップ型の集まりです。

参加は予約制ではありませんが、会場の都合上、出来ましたら事前に参加希望をメールでお知らせください。参加希望のご連絡およびお問い合わせは<queer.reading あっと gmail.com>まで。

0

クィア・ネガティヴィティ再考

クィア・ネガティヴィティ再考

日 時:2015年4月18日(土) 10:00〜17:30(開場 9:30、途中休憩あり)
会 場:国際基督教大学 ダイアログハウス2F 国際会議室
言 語:日本語
参加費:無料、予約不要
テクストをベースにした議論が中心になります。事前に指定テクストを読んでご参加ください。
文献に関する詳細は4月以降CGS Onlineにて公開予定です。

プログラム
10:00-12:00 基調報告
宮澤由歌(大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程/日本学術振興会特別研究員)
藤高和輝(大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程)
島田陽祐(大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程)
飯田麻結(ロンドン大学ゴールドスミス校 メディア・コミュニケーション学科 博士後期課程)
羽生有希(東京大学大学院 総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース 博士後期課程)
井芹真紀子(東京大学大学院 総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース 博士後期課程/CGS準研究員)
13:00-17:30 ディスカッション(途中休憩あり)

司会:清水晶子(東京大学大学院総合文化研究科 准教授)
コーディネーター:井芹真紀子

共催:国際基督教大学 ジェンダー研究センター・東京大学大学院総合文化研究科:表象文化論コース:清水晶子研究室

「クィアな否定性」はクィア・スタディーズが成立した時点から続くひとつの理論的方向性を示す概念である。しかし、現在のクィア理論の言説においてこの概念はどう使われてきているのか。そこからどのような理論的・政治的帰結が予想されるのか。それらと異なる形でクィアな否定性のあらたな可能性を切り出すことはできるのか、その時それは「否定性」という枠組みで考えられるべきものなのか。この研究会では、クィア・ネガティヴィティにかかわるそのような問題を、哲学・精神分析批評・科学論・障害学などの様々な分野との交差点から総合的に再検討する。

0

「クィア・リーディング連続公開研究会」第七回

「クィア・リーディング連続公開研究会」第7回を開催します。お時間ありましたら足をお運びください。

日時:2015年3月15日(日)14:30~17:30
場所:中央大学 駿河台記念館570号室
報告者:長島佐恵子
タイトル:1930年代の英国小説に描かれた女性同士の関係を読む

概要:本報告では主に1930年代に英国の小説において、女性同士の親密な関係がどのように表象され、それが社会文化的な文脈とどのように関わっていたのかを考えます。具体的なテクストとしてエリザベス・ボウエンの作品をいくつか取り上げ、当時のセクシュアリティ理解や文学におけるモダニズムの流れと関連づけた読解を示して議論につなげたいと思います。

参照テクスト:Elizabeth Bowen, “The Secession” (1926) (短編作品、The Collected Stories of Elizabeth Bowen所収)

☆ 出来るだけ事前に読んでから参加してください。コピーが必要な方は事前にお知らせください。

参照文献:長島佐恵子「『友人』と『親族』の狭間で—エリザベス・ボウエンの初期小説に見るクィアな小説空間」 (中央大学人文科学研究所編『愛の技法——クィア・リーディングとは何か』中央大学出版部所収)

主催: 中央大学人文科学研究所「性と文化」研究チーム

☆「性と文化」研究チームは、2007年に発足以来、ジェンダー/セクシュアリティ論やクィア理論について、文学研究・表象分析の領域で研究活動を続けています。2013年3月には、研究成果をまとめた論集『愛の技法―クィア・リーディングとは何か』(中央大学出版部)を出版しました。2013年秋より、関心を共有する研究者(大学院生含む)を対象に、具体的なテクストを取り上げて「読みの実践」を検討する連続研究会を開催しています。参加者には事前にコア・テクストをお知らせし、当日報告者が紹介する読解に対して自由に意見を出し合い議論できる、ワークショップ型の集まりです。
参加は予約制ではありませんが、会場の都合上、出来ましたら事前に参加希望をメールでお知らせください。参加希望のご連絡およびお問い合わせは<queer.reading あっと gmail.com>まで。

0

「クィア・リーディング連続公開研究会」第六回

「クィア・リーディング連続公開研究会」第六回を開催します。年末ですがご参加お待ちいたします。

日時:2014年12月21日(日) 14:30~17:30
場所:中央大学 駿河台記念館 570号室
報告者:井芹真紀子
タイトル:「超えることのできない断絶」としての〈身体〉ーFélix González-Torresにおける「病」と「死」

概要:本報告では、自己の物理的生存を脅かすような「病む身体」の経験を、80年代エイズ・アートの系譜に位置づけられるFélix González-Torresの作品を手がかりに考える。80年代のエイズ危機は(身体)境界の侵犯や越境という、クィア理論がその成立当初からとってきたひとつの方向性の起点となる一方で、それは痛みや急激な衰弱を伴う「病」の経験であり、また「死」の共有(不)可能性がもたらす「超えることのできない断絶」として現れる〈身体〉の経験だったのではないだろうか。身体境界や感情/感覚、衰弱(infirmity)と時間性など、様々な観点から議論を行いたいと思っています。

コア・テクスト:
Félix González-Torres. ‘Untitled’ (Perfect Lovers), 1991.
Félix González-Torres. ‘Untitled’ (March 5th) #2, 1991.
Félix González-Torres. ‘Untitled’ (Bloodworks), 1989.

参照文献:井芹真紀子、「フレキシブルな身体:クィア・ネガティヴィティと強制的な健常的身体性」、『論叢クィア』、クィア学会、第6号、pp37-57、2013

☆ 出来るだけ事前に読んでから参加してください。コピーが必要な方は事前にお知らせください。

主催: 中央大学人文科学研究所「性と文化」研究チーム
(チームメンバー(50音順):大田美和、米谷郁子、近藤弘幸、坂本美枝、清水晶子、長島佐恵子、森岡実穂)

☆「性と文化」研究チームは、2007年に発足以来、ジェンダー/セクシュアリティ論やクィア理論について、文学研究・表象分析の領域で研究活動を続けています。2013年3月には、研究成果をまとめた論集『愛の技法―クィア・リーディングとは何か』(中央大学出版部)を出版しました。2013年秋より、関心を共有する研究者(大学院生含む)を対象に、具体的なテクストを取り上げて「読みの実践」を検討する連続研究会を開催しています。参加者には事前にコア・テクストをお知らせし、当日報告者が紹介する読解に対して自由に意見を出し合い議論できる、ワークショップ型の集まりです。皆さまどうぞ奮ってご参加ください。

参加は予約制ではありませんが、会場準備の都合上、出来ましたら参加希望をメールでお知らせください。参加希望のご連絡およびお問い合わせは<queer.reading あっと gmail.com>まで。

0
Page 2 of 3 123