公開研究会『道徳的保守と性の政治の20年—LGBTブームからバックラッシュを再考する』

経済系メディアの特集を皮切りとする2010年代日本での「LGBTブーム」では、性的少数者の政治とマーケットの要請との関わり方が、しばしば問題になってきました。一方で「ダイバーシティ」や「ピンク・マネー」などのもたらす経済的利得を押し出して性的少数者への理解と受容を高めようとする戦略があり、他方で「市場の論理」への過剰な期待と依拠とは性的少数者の中にいわば「特権層」を生み出すに過ぎないという批判がある、というこの対立は、今世紀米国を始めとする世界各地の性的少数者の運動に見られるものです。
その裏で、性の政治にしばしば大きな影響力を持ってきた道徳的保守派の存在は、2010年代の「ブーム」においてあまり語られることがなかったように思われます。けれども、「伝統的」家族形態とそれを支える異性愛的ジェンダー規範との擁護を掲げる道徳的保守派の主張との対立や交渉は、女性運動やフェミニズム、ゲイ・リブやレズビアンの運動などの歴史において、常に重要な一面であり続けてきました。
トランプ政権の成立によって米国における性的少数者の政治が再び道徳的(そして宗教的)保守派との対立の色合いを強め、日本国内でも「伝統的」家族主義の強化を目指す政策が次々と打ち出されつつある現在、私たちは改めて、日本における性の政治が道徳的保守派の主張とどのような関係を持ってきたのかを、確認しておく必要があるのではないでしょうか。
本研究会は、道徳的保守の主張が性の政治に対して明確に大きな打撃を与えたもっとも近年の例として、今世紀初頭の「バックラッシュ」を再び見直すところから出発します。バックラッシュにおいて性的少数者はどのように位置付けられ、その位置付けは「バックラッシュ」と「フェミニズム」の双方にどのような効果をもたらし、そのことは性的少数者の権利保障にどのような影響を及ぼしたのでしょう。そして、当時の政治的、社会的状況から、現在の私たちは何を学ぶことができるのでしょう。

 

皆様どうぞお越し下さいませ。

 

日時:2017年8月5日(土) 14:00-17:30

場所:東京大学駒場キャンパス18号館 コラボレーションルーム1

(建物内エレベーター有。1階にユニバーサルトイレ有。)

登壇者:
飯野由里子(東京大学、クィア研究/ディスアビリティ研究)
遠藤まめた(「やっぱ愛ダホ!idaho-net」呼びかけ人代表)
山口智美(モンタナ州立大学、フェミニズム研究)

司会:清水晶子(東京大学、フェミニズム/クィア研究)

予約・参加費不要

科研費挑戦的萌芽研究「性的少数者の政治と多様な諸身体の連帯及び共存をめぐる現状分析と理論構築」研究事業

 

ポスターはこちらからPDF版がダウンロードできます。

0

クィア・スペースとその行方―トランプ当選と2020の間に―

岡山大の光本順先生にお声をかけていただきまして、お話をしてまいります。

ご都合の合う方がいらっしゃいましたらどうぞお越しくださいませ。

 

「クィア・スペースとその行方―トランプ当選と2020の間に―

日時 平成29年2月10日(金曜日) 17時00分~18時30分
会場 岡山大学津島キャンパス 文法経済学部1号館2階 文学部会議室
内容
・講演 1時間強
 講演者 清水 晶子先生 東京大学大学院総合文化研究科・准教授
             (フェミニズム/クィア理論)
・質疑応答

 

ジェンダーセミナー2_チラシ

0

2016A シニア表象メディア論

性表現とフェミニズム:シラバス

 

授業概要:

性表現を巡る英語圏フェミニズムの議論を概観する。制作及び鑑賞における視線の非対称なジェンダー配分をめぐる美術批評、映画理論の古典的論文を出発点として、とりわけ80年代のフェミニストポルノ論争にかかわる諸論文を中心に学ぶ予定。

 

授業計画

9/28       イントロダクション:ジョン・バージャー『イメージ—視覚とメディア』伊藤俊治訳、ちくま学芸文庫、2013年(Berger, John. Ways of Seeing. Penguin Books, 1972.)

 

10/5       Nochlin, Linda. “Why Have There been No Great Women Artists?” Art News 69 (January 1971). 2015年に再掲されたこちらを使用: http://www.artnews.com/2015/05/30/why-have-there-been-no-great-women-artists/

 

10/12     グリセルダ・ポロック『視線と差異—フェミニズムで読む美術史』萩原弘子訳、新水社、1998年(Pollock, Griselda. Vision and Difference: Feminism, Femininity and the Histories of Art. Routledge. 1988.)

 

10/19     ローラ・マルヴィ「視覚的快楽と物語映画」斎藤綾子訳(Mulvey, Laura. “Visual Pleasure and Narrative Cinema”. Screen (1975) 16 (3): 6-18.) 『新映画理論集成① 歴史/人種/ジェンダー』岩本憲児、武田潔、斎藤綾子編、フィルムアート社、1998年、126-141ページ。

 

10/26     Doane, Mary Ann. “Film and the Masquerade: Theorizing the Female Spectator”. Amelia Jones ed. The Feminism and Visual Culture Reader. Second edition. Routledge, 2010. pp. 73-84. (Originally published in Screen 23:3-4.)

 

11/2        MacKinnon, Catharine A. Only Words. Harvard University Press, 1993. Chapter 1.

 

11/9        Dworkin, Andrea. “Against the Male Flood: Censorship, Pornography, and Equality”. Drusilla Cornell ed. Feminism and Pornography. Oxford University Press, 2000. pp. 19-38.

 

11/23     Duggan, Lisa and Hunter, Nan D. Sex Wars: Sexual Dissent and Political Culture (10th Anniversary Edition). Routledge, 2006. Chapter 3.

 

11/30     Rubin, Gayle. “Thinking Sex: Notes for a Radical Theory of the Politics of Sexuality”. Henry Abelove, Michèle Aina Barale, and David M. Halperin eds. The Lesbian and Gay Studies Reader. Routledge, 1993, pp.3-44. (Originally published in Carole S. Vance, ed., Pleasure and Danger: Exploring Female Sexuality, 1984.)

 

12/7       予備週(リーディングが予定通りなら、学期末レポートテーマ検討)

 

12/14休講

 

12/21     Butler, Judith. “The Force of Fantasy: Feminism, Mapplethorpe, and Discursive Excess.” differences 2.2 (1990): pp. 105-125.

 

1/11        Williams, Linda. Hard Core: Power, Pleasure, and the” Frenzy of the Visible”. Univ of California Press, 1989. Chapter 8.

 

 

成績評価:

担当回の報告(30%)、学期末レポート(40%)、および授業中の参加・貢献度(30%)を総合的に判断する。学期末レポート課題は以下の通り:「視覚的な性的表象作品を例に挙げ、授業で扱った論文を最低二本参照しながら、その作品が発表または受容の時代/場所における性の政治にどのようにかかわっているのか、分析しなさい(5000字以内)」

 

0

2016年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で7年目を迎えます。

今年の講座のテーマは、「クィアな読み」です。クィアに世界を読み解くことが、なぜ必要だったのか。クィアに世界を想像することが、クィアに世界を創造することと、どのようにつながってきたのか。ことばをめぐるフェミニズムの挑戦からAIDSポリティクスを経て、新しい世界のそうぞうの試みとしてのクィア理論を考えます。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

クィアに世界をそうぞうするために—解釈の実践としてのクィア理論

講師:ヴューラー シュテファン(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2016年11月9日〜2017年1月18日 水曜日19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

11/09 イントロダクション1:クィア、クィア理論とその歴史的条件

11/23 イントロダクション2:クィア批評とその理論的基礎

12/07 歴史と言葉は誰のもの?正典の問題とエクリチュール・フェミニン

12/21 クローゼットの認識論と視覚性のアンビヴァレンス

01/11 パフォーマティヴィティと表現の暴力性

01/18 パロディ、フェティシズム、そして草間彌生

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2016年度クィア講座ポスター

%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

0

堀江有里『レズビアン・アイデンティティーズ』書評会

『レズビアン・アイデンティティーズ』が日本のセクシュアリティ研究/レズビアン研究における重要な著作であることは間違いないと思われます。

 

同時に、本書は単に既存の主要学術領域のどれか一つには当てはまらないかたちで「レズビアン・アイデンティティー(ズ)」を扱っているのみならず、研究者/アクティビスト/一般読者の境界を越えて語りかけることを意図されたものでもあります。そのためもあって、ここに集められた思考を学術的に位置付け評価することはそう容易ではありません。

 

今回の書評会では、隣接他領域の方々にそれぞれのご専門からのコメントをいただき、ディスカッションを通じて議論を深めていきたいと思います。

 

日時:2月21日(日)13:30-17:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム3
評者:北田 暁大氏(東京大学大学院情報学環・学際情報学府 教授、社会学)
   吉澤弥生氏(共立女子大学文芸学部 准教授、芸術社会学・文化研究)
   井芹真紀子氏東京大学大学院総合文化研究科 博士後期課程、クィア理論・障害学)
応答:堀江有里氏(立命館大学ほか 講師、レズビアンスタディーズ・社会学・クィア神学)
司会:清水晶子(東京大学大学院総合文化研究科 准教授)

 

堀江本書評会
0

「クィア・リーディング連続公開研究会」第10回

今回は報告者二人の特別版です!

2016年2月7日(日)13:30~17:30 @ 中央大学 駿河台記念館 580号室
(通常より開始時間が早いのでご注意ください)

第一報告者:岸まどか
タイトル:ジャック・ロンドン『野生の呼び声』における「不自然な婚礼」のエクスタシー

概要:「進歩主義時代(the Progressive Era)」とよばれた米国の世紀転換期は、第二十六代大統領セオドア・ルーズベルトの牽引のもと、生と性の徹底管理を旨とするフーコー的な生政治が、戯画的な形で具現化された時代でもあった。進歩主義時代に自らを「狼(Wolf)」と称した作家、ジャック・ロンドンの『野生の呼び声(The Call of the Wild)』の読解を中心に、本発表は種間愛、特にロンドンが「他の動物達の親族関係」と呼んだ種族を超えた親密性が、進歩主義時代が描く進化と強制的異性愛のナラティブを撹乱しようとする様子を考察する。ロンドンの狼への同一化の欲望をジル・ドゥルーズとフェッリクス・ガタリが「不自然な婚礼(unnatural nuptials)」と名指した関係性の文脈から捉え直すことは、作家が進歩主義時代の政治によって「人間」として産出された自己の放棄のなかに見た生政治からの逃走の可能性を、ほのかに照射するかもしれない。
参照テクスト:Jack London, The Call of the Wild

第二報告者:大田美和 
タイトル:文学は性暴力の被害者を救えるか?

概要: William Morris のThe Wood beyond the World (1894)はヒーローが魔術を使う二人の女(「女王」と「侍女」)によって未知の世界に誘い出され、試練の末に恋愛を成就し、王権を獲得するロマンスである、とされる。本発表では「侍女」をたびたび襲う言語化されない不安と恐怖に注目して、このロマンスをフェミニズムとクィアな視点から精読してみたい。北欧神話の骨太で健康的な物語という骨格の中に、性暴力の記憶と再生というトピックを、リアリズム小説とは異なる形でいかに忍び込ませたかを解き明かす作業は、暴力的な支配に対する異議申し立てを性の歓びを否定することなく行うという困難に挑戦したブレイク、シェリー、ハーディの系譜の中で、モリスがいかに詩、近代リアリズム小説、ロマンスという異なるジャンルを架橋したかを考える作業にもなるだろう。
参照テクスト:William Morris, The Wood beyond the World (1894)(邦訳名『世界のかなたの森』晶文社)

 

主催: 中央大学人文科学研究所「性と文化」研究チーム
☆「性と文化」研究チームは、2007年に発足以来、ジェンダー/セクシュアリティ論やクィア理論について、文学研究・表象分析の領域で研究活動を続けています。2013年3月には、研究成果をまとめた論集『愛の技法―クィア・リーディングとは何か』(中央大学出版部)を出版しました。2013年秋より、関心を共有する研究者(大学院生含む)を対象に、具体的なテクストを取り上げて「読みの実践」を検討する連続研究会を開催しています。

会場の都合上、出来るだけ事前に参加希望をメールでお知らせください。ご連絡およびお問い合わせは<queer.reading(あっと)gmail.com>まで。

0

2015年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で六年目を迎えます。

今年の講座のテーマは、レズビアン、身体、そしてクィアです。広い連帯を目指す側面をも持っていたはずの〈クィア〉からどのような身体が外され、どのような身体が〈クィア〉な連帯を占有してきたのか、レズビアン/女性のからだから出発して、それを探ります。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

レズビアン・からだ・クィア―連帯の政治を問い直す

講師:佐々木裕子(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2015年10月28日〜2016年1月06日 水曜日19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

10/28 イントロダクション:レズビアンとクィア・ムーブメント

11/11 HIV/AIDSと女のからだ

11/25 身体の(クィアな?)差異

12/09 身体に傷をつける

12/23 瑕疵なき身体と怪物的なもの

1/06 アンハッピー・クィア

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2015年度クィア講座ポスター

公開講座ポスター2

 

0
Page 1 of 3 123