2016年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で7年目を迎えます。

今年の講座のテーマは、「クィアな読み」です。クィアに世界を読み解くことが、なぜ必要だったのか。クィアに世界を想像することが、クィアに世界を創造することと、どのようにつながってきたのか。ことばをめぐるフェミニズムの挑戦からAIDSポリティクスを経て、新しい世界のそうぞうの試みとしてのクィア理論を考えます。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

クィアに世界をそうぞうするために—解釈の実践としてのクィア理論

講師:ヴューラー シュテファン(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2016年11月9日〜2017年1月18日 水曜日19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

11/09 イントロダクション1:クィア、クィア理論とその歴史的条件

11/23 イントロダクション2:クィア批評とその理論的基礎

12/07 歴史と言葉は誰のもの?正典の問題とエクリチュール・フェミニン

12/21 クローゼットの認識論と視覚性のアンビヴァレンス

01/11 パフォーマティヴィティと表現の暴力性

01/18 パロディ、フェティシズム、そして草間彌生

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2016年度クィア講座ポスター

%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

0

2015年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で六年目を迎えます。

今年の講座のテーマは、レズビアン、身体、そしてクィアです。広い連帯を目指す側面をも持っていたはずの〈クィア〉からどのような身体が外され、どのような身体が〈クィア〉な連帯を占有してきたのか、レズビアン/女性のからだから出発して、それを探ります。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

レズビアン・からだ・クィア―連帯の政治を問い直す

講師:佐々木裕子(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2015年10月28日〜2016年1月06日 水曜日19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

10/28 イントロダクション:レズビアンとクィア・ムーブメント

11/11 HIV/AIDSと女のからだ

11/25 身体の(クィアな?)差異

12/09 身体に傷をつける

12/23 瑕疵なき身体と怪物的なもの

1/06 アンハッピー・クィア

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2015年度クィア講座ポスター

公開講座ポスター2

 

0

2014年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で五年目を迎えます。

今年の講座は、〈クィア〉という政治的・理論的な概念そのものに含まれている、差異の主張と連帯への志向とのアンビヴァレントな関係を、テーマとしています。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

差異をめぐるクィアのアンビヴァレンス―言説の裏側に応答すること

講師:羽生有希(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)Twitterアカウント:queer_kmb

日時:2014年11月05日〜2015年1月14日 水曜日19:30〜21:00

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1(第二回のみコラボレーションルーム3)

対象:10代後半以上

11/05 イントロダクション:差異と越境、連帯と分離

11/19 クィア理論の歴史的条件:運動史と理論史?

12/03 規範の強制的反復と引用:ジェンダーのパフォーマティヴィティ

12/17 魅惑の本質主義?:認識と生存の枠組みを問うバトラー/イリガライ

1/07 「男たちの間」にあるもの:制度批判としてのクィア・リーディング

1/14 自由/寛容の名の下に:クィア理論と新自由主義との危険な関係

 

今年度のポスター。PDF版はこちらです→  2014公開講座ポスター

公開講座ポスター2

 

0