2018年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方たちに向けたクィア理論入門公開連続講座、ついに9年目です。

今年の講座のテーマは、「トランスジェンダー理論」です。セクシュアリティという問題系とジェンダーという問題系とを交錯させつつクィア理論が登場した90年代、それと同時に/その主要な一部として/そして時にそれと衝突しつつ、トランスジェンダー理論もまた明確に形づくられていきます。ゲイやレズビアン、あるいはフェミニストの運動と同時に/その主要な一部として/そして時にそれと衝突しつつトランスの人々の運動が展開されてきた、その歴史を踏まえながら。クィア理論と交錯しつつ独自の問題を切り開いた初期のトランス理論から出発し、国境をこえた医療アクセスが(特定の経済的裏付けを条件として)ますます容易になりつつある現代のトランスをめぐる状況までを、考えてみたいと思います。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

トランスジェンダー理論—クィア理論の(悪魔の?)双子

講師:山田秀頌(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2018年10月24日〜2019年1月09日 水曜日 19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

10/24 イントロダクション:フェミニズム、クィア、トランスの緊張関係

11/07 トランスセクシュアリティの成立とフェミニズム:言説的権力としての精神医学

11/21 トランスジェンダー運動の台頭とクィア理論:ジェンダー二元論の脱構築と医療批判

12/12 トランスセクシュアルのクィア/トランスジェンダー批判:物質としての身体を巡って

12/26 権利主体としてのトランスジェンダーとネーション

01/09 国境を越えるトランスの冒険:日本におけるGID医療・法とその陰画

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2018年度公開講座ポスター

 

0

2017年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方たちに向けたクィア理論入門公開連続講座、なんと8年目になります。

今年の講座のテーマは、「視覚表象とクィア」です。規範や普遍性に対する根本的な異議申し立てを志向するクィアのアプローチは、「目に見えるもの」やそれを「見るということ」と、どのように関わるのでしょうか。それはまた、「見るということ」を巡る伝統的な「美術」や「美術史」の理解に挑戦を続けてきたフェミニストたちの営みと、どのように繋がっているのでしょうか。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

クィア理論で読み解く美術史—イメージの理論と実践—

講師:半田ゆり(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2017年10月25日〜2018年1月10日 水曜日19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

10/25 イントロダクション:クィア理論とは何か

11/08 フェミニズム美術史による美術史の「解体」

11/22 主体・欲望・表象:イメージと精神分析

12/06 有徴・可視:エイズ危機における可視性の戦略、その射程

12/20 様式(スタイル)としてのクィアとその商業的回収:90年代以降の展開

01/10 「女性アーチスト」が明らかにするもの:発掘し、告発し、連帯する

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2017年度公開講座ポスター

 

0

2016年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で7年目を迎えます。

今年の講座のテーマは、「クィアな読み」です。クィアに世界を読み解くことが、なぜ必要だったのか。クィアに世界を想像することが、クィアに世界を創造することと、どのようにつながってきたのか。ことばをめぐるフェミニズムの挑戦からAIDSポリティクスを経て、新しい世界のそうぞうの試みとしてのクィア理論を考えます。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

クィアに世界をそうぞうするために—解釈の実践としてのクィア理論

講師:ヴューラー シュテファン(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2016年11月9日〜2017年1月18日 水曜日19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

11/09 イントロダクション1:クィア、クィア理論とその歴史的条件

11/23 イントロダクション2:クィア批評とその理論的基礎

12/07 歴史と言葉は誰のもの?正典の問題とエクリチュール・フェミニン

12/21 クローゼットの認識論と視覚性のアンビヴァレンス

01/11 パフォーマティヴィティと表現の暴力性

01/18 パロディ、フェティシズム、そして草間彌生

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2016年度クィア講座ポスター

%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

0

2015年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で六年目を迎えます。

今年の講座のテーマは、レズビアン、身体、そしてクィアです。広い連帯を目指す側面をも持っていたはずの〈クィア〉からどのような身体が外され、どのような身体が〈クィア〉な連帯を占有してきたのか、レズビアン/女性のからだから出発して、それを探ります。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

レズビアン・からだ・クィア―連帯の政治を問い直す

講師:佐々木裕子(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

日時:2015年10月28日〜2016年1月06日 水曜日19:30〜21:00 (参加費、事前申込不要)

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

対象:10代後半以上

10/28 イントロダクション:レズビアンとクィア・ムーブメント

11/11 HIV/AIDSと女のからだ

11/25 身体の(クィアな?)差異

12/09 身体に傷をつける

12/23 瑕疵なき身体と怪物的なもの

1/06 アンハッピー・クィア

今年度のポスター。PDF版はこちらです→ 2015年度クィア講座ポスター

公開講座ポスター2

 

0

2014年クィア理論入門公開連続講座

クィアという言葉は聞いたことがある、ジェンダーやセクシュアリティをめぐる議論に興味がある、もう少し詳しく知りたいけれども入り口が見つからない。

そういう方に向けたクィア理論入門公開連続講座、この秋で五年目を迎えます。

今年の講座は、〈クィア〉という政治的・理論的な概念そのものに含まれている、差異の主張と連帯への志向とのアンビヴァレントな関係を、テーマとしています。

皆様の御参加をお待ち申し上げます。

(クィア理論入門公開連続講座の概要と過去の公開講座のテーマとについては、こちらを御覧下さい。)

差異をめぐるクィアのアンビヴァレンス―言説の裏側に応答すること

講師:羽生有希(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)Twitterアカウント:queer_kmb

日時:2014年11月05日〜2015年1月14日 水曜日19:30〜21:00

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1(第二回のみコラボレーションルーム3)

対象:10代後半以上

11/05 イントロダクション:差異と越境、連帯と分離

11/19 クィア理論の歴史的条件:運動史と理論史?

12/03 規範の強制的反復と引用:ジェンダーのパフォーマティヴィティ

12/17 魅惑の本質主義?:認識と生存の枠組みを問うバトラー/イリガライ

1/07 「男たちの間」にあるもの:制度批判としてのクィア・リーディング

1/14 自由/寛容の名の下に:クィア理論と新自由主義との危険な関係

 

今年度のポスター。PDF版はこちらです→  2014公開講座ポスター

公開講座ポスター2

 

0